カテゴリー「映画・テレビ」の24件の記事

2010.11.17

声の綱

 タイトルのモトネタは星新一だが、苦しすぎた模様。

 ゆうべの宇宙大作戦は24話"死の楽園"だった。見ている途中違和感が。吹き替えが途中違う人になっている。

 この感じは、デジタルリマスター版では、最初に吹き替えした段階でカットされていてた部分を、できるかぎり当時の声優で吹き替えし直しているために起こる。なぜだかわからんが、ゆうべはマッコイとスポックの声が違う事が顕著にわかった。この2人を演じていた吉沢久嘉と久松保夫はずいぶん前に亡くなっているので違う人が演じても仕方がない。でも最後に出るクレジットには新しい方の人の名前が出ない。出せば資料性が増してうれしいのに。

続きを読む "声の綱"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.02.08

アスターの刑事

 アメリカには、ジム・エイブラハムズザッカー兄弟(3人合わせてZAZ)という、しょ〜もない内容だが笑わせる事に関しては手を抜かないばかりか、てんこもりにしてしまう映画製作者がいる。

 彼らの日本での代表作は、裸の銃を持つ男だ。この作品の元になったテレビシリーズがあるのだが、20ウン年前にVHSで出たっきり、LDにもDVDにもならなかった。ところが、4月に発売されると報じられた

続きを読む "アスターの刑事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.03

実写のだまし絵

 マウリッツ・コルネリス・実写制作。

 宇宙戦艦ヤマトがキムタク主演で実写に、という記事の見出しを見ても、ちいともグッとくるところのないわしだ。

 で、配役はどうなっているのかとずうっと見ていくと…

高島礼子 ★佐渡先生   ヤマト艦内の医師
★原作では男性の設定だったが、映画では女性に変更

 えー? そりゃあねえだろう、と思ったがあんなおっさん世の中におらん(笑)ので仕方ないやもしれない。

 沖田艦長が最後にキャスティングされている(当然だ)が…

山崎努   沖田十三   ヤマト艦長

 大笑いした。すげえ! わしわ劇場に山崎努を見に行くぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.15

撲殺蛔虫映画

 電脳なをさんみたいなタイトルだ。

 日本映画専門チャンネルでやっていたので、今更だが「ALWAYS 三丁目の夕日」、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を見た。
 特撮映画は関心を持って劇場にみにいくわしだが、これは公開当時評判になった事もあって、みに行かなかった。流行らなかったら劇場でみていたものを(笑)

続きを読む "撲殺蛔虫映画"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.24

♪信兵衛さんの長屋は拾六間

 今回はストレートにOPから。

 時代劇専門チャンネルで、ぶらり信兵衛道場破りが始まった!

続きを読む "♪信兵衛さんの長屋は拾六間"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.26

狙われた番組

 ファミリー劇場が先月やったウルトラセブン大賞の放送が今月あったので、録画して見た。

続きを読む "狙われた番組"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.20

ゴルゴムの仕業

 学校が夏休みともなると、テレビ局はこぞって特別番組を作ったり、アニメや特撮の一挙放送をやるものだ。CS放送とて例外ではなく、ファミリー劇場では戦隊やら仮面ライダーやらを放送している。

 一応全部撮って見ている(笑)のだが、中でも、仮面ライダーBLACK 恐怖!悪魔峠の怪人館が大笑いだ。

続きを読む "ゴルゴムの仕業"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.21

スプーナリズム作品

 注文していた涼宮ハヒルの憂鬱(誤記でわない。リンクははらないので気になる人は検索すれ)が届いた。

続きを読む "スプーナリズム作品"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.25

Space , The final frontier

  今年もスタートレックまるごとがある。
 チャンネルの名前はSUPER CHANNELからSuper! drama TVに変わってしまったが、やることは一緒かい(笑)

 ENTERPRISEを最終回まで放送、ならびに宇宙大作戦のベストエピソードが放送される模様。

 最近のスタートレックは、TNGの前半(つまり、ロッデンベリーが生きていた頃)までにあったような、未知のものが出てきて、それを何とか解明していく、というようなエピソードが少ないような気がする。種族間対立だのなんだのそういうのばっかりになってきたのはいただけないなあ、と思う。ENTERPRISE打ち切りの理由もそのへんにあるのではないか。
 特撮は精巧になり、ドラマはリアルになったが、驚くべき未知との対決みたいな、かつSF感あふれるのを見たい… と、TOSを見ながら思うのだ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.16

日本
以外全部
沈没

 ツツイの、日本以外全部沈没が映画化されるというハナシはきいていたが、監督は河崎実だったか。まったく納得がいった。

 河崎実は、"まいっちんぐマチ子先生"、"いかレスラー"、"へんちんポコイダー"、"コアラ課長"、"かにゴールキーパー"と最近飛ばしまくってるので、これには期待できる。

 日本以外全部沈没と農協月へ行くでツツイに入ったわしとしては楽しみで仕方ない。今の自分の根性悪は全部このあたりで培われたんじゃないだろうか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)