|

2016.05.21

変死が舞い降りた

 思わぬ死に方をした人はいるだろうか。いてもここを見てはいまい。死んでるからな。先日も便所に入っていたところ、家人が便所の前で死んでしまい、便所から出られなくなって死ぬ、という一件があった。家族がいれば、不意の出来事があっても安心、と思っていたら大きな間違いということになる。
 今回も一家でいっぺんに死んだ例にまた新たなケースが追加されることになたった。新聞の見出しもシンプルだ。"たんす下敷き?男女死亡"だ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.03

ポビドン陽動

 イソジンが明治から塩野義に移って1ヶ月。わしが使うのは軟膏で、まだ大分残っているせいもあって、薬屋で確認はしていなかった。そこでどうなっているか調べたところ、商標でもめていた

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かにカニ懲戒免職エクスプレス

 懲戒免職になる人はまま、おる。一番あるパターンとしては、金を使い込んだ事が発覚することだが、他にも様々な事例がある。最近では盗撮とか博打とかでクビになった奴がおったな。

 で、今回はなかなかない事例だ。旅先でカニを食って懲戒免職だ。一体どういうことなのか。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホースを使え

 プロトン魚雷が落としやすくなる。

 年にいっぺんぐらい流れるニュース、といえば、警官が露出とか、女便所をのぞいていた男がはさまって出られなくなるとか、夫婦げんかで電車が止まるとか、そういうのだろうと思いがちだ。
 マイナーケースとしては、尻に何かいれてる公務員、というのがある。ペンとかだと誰でも入れられるが、職業を利用した珍しいものを入れているとなると、なかなかいいのが現れない。前にあった、コンプレッサーの口を尻に、とかはとてもよかった(ばかりか空気を尻に入れていた) あの記事を見てからなのだろうが、既視感があふれる見出しをみつけた。

 消防士3人が尻にホース、裸でポンプ車だ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.20

ギルガメシュおじじ

 タイトルは最早どの世界で通用する言葉なのかすらサッパリわからねえ。

 Twitterのトレンドで、"奴隷おじさん"とあったので調べると、ゆかいな記事を発見した。見出しが、

「奴隷おじさん」に“お仕置き” 岐阜市の51歳書類送検

だもの。急行するよりないな。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.20

お父さんお母さんを猥褻にしよう

 タイトルと内容は関係ない。

 えろいものを追い求める奴は有史以前からおると思うが、社会の仕組みは地域や時代によってずいぶん異なるので、そういった奴はなんとも思われなかったり、はたまたけしからん奴とされることがあって、扱われ方には幅がある。

 現在この国では、インターネットでえろいものが見放題になっているのだが、それを印刷して他人に見せると逮捕される、というわけがわからん状態になっている。たまに逮捕される奴がいるが、毎度毎度何で自分だけで見ておかなかったのか、と思う。

 ということで、最近またもや逮捕された奴がいた。だが今回は事情が異なる。戦前のわいせつ写真、ネット販売容疑 83歳男を逮捕だ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.19

飲尿お国自慢

 タイトルは一体何だ。

 どのような行為にも愛好者というのはいるものだ。おもしろいところでは、尿を出している間に止めるのが好きだ、というのがある。まあ、人それぞれ。しょんべんを止めたところで、誰にも迷惑がかかるわけでもない。健康被害があるとしてもやってる本人だけだし、文句を言う筋合いもない。

 また、世の中には放尿をしているところを見るのが好き、という人もおる。まあ、合意の上でやるんならしょんべんを見ようが浴びようが飲もうがかまわん。だが、同意でないとなればどうだろう?

 公共のトイレでは、いまだにくみ取りのところもある。何年かに一回、そういった便所のタンクの中に隠れ、トイレを利用する人が糞尿をしている様をしげしげと見る奴が捕まるニュースが流れる。全く人の欲望というのには限りがないし、欲望をなんとかする手段にも限りはないものだ。

 そこまで行かなくても、放尿時の写真を撮影したい人は、割と大勢いる。だが、人が放尿するのは概ねトイレなので、忍び込む必要がある。ところがここにきて、すげえ方法をとった奴らが現れた。新聞の見出しだけでどういう事をしたのかわかる。野外で放尿の女性撮影 逮捕のマニア男4人、トイレ少ない公園ねらうだ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.25

エラーマンが倒せない

 タイトルはたいして意味なし。

 尻に異物を突っ込む人は、世の中にどれほどいるのだろうか。アメリカの有名な役者が、コンドームに入れたハムスターを尻に入れたところ、出せなくなって救急車を呼んだという噂をきいたことがある。また、医者から、1年に何回か果物が尻から出なくなって担ぎ込まれる人がいる、という話もきいたことがある。

 ニュースでは、尻関係はあまり話題にはならない。刑務所で尻に放水してたとかそのあたりか。この時は尻に大けがをおっているのでシャレならん出来事だったわけだが。

 ということで今回は尻関係のニュースだ(笑) 今日、すげえ尻プレイが明らかになった。場所はこの国の尻の本場自衛隊だ。コンプレッサーで尻に空気を入れていた事が発覚した(笑)のだった。

 この記事のポイントは、やったのが1人ではないということだ。記事の2人はデキていたのだろうか? だからコンプレッサープレイも2人でやったのではないか。"ふざけて"とあるが、グッとくるからやっていたのではないのか? 記事には、こういった重要な情報(笑)は一切書かれていない。記者はもっと読者や視聴者が知りたい事を伝える努力や精進をしなければならないのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.16

私は害になりたい

 先週、側溝にはまってのぞきをしていた男が逮捕された一件について紹介した。

 ふつう、このようなこうばしい事件は、続報など出ないものだが、日本を代表する下衆新聞である産経新聞は違った。取り調べの模様まで、面白おかしく書いている。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«どぶ川欲求