« ひとつぐぇの男 | トップページ | ツレがこみになりまして。 »

2012.10.10

Mythバス停s

 タイトルが何なのかはよくわかっていない。

 バス停、というのがある。うちの近所にもある。小さいのでは木にくくりつけられた時刻表。もうちょっと大きくなると、コンクリートの土台に金属の棒が立てられ、一番上にバス停の名前が書かれた板、その下に時刻表になるか。さらに大きくなると、地面に開けられた穴に立てられていたりする。さらに大きくなると… バスターミナルになってしまい、しまいに熊本交通センターみたいになるのだろう。

 今回はバス停が盗まれる一件が起こった。もとい、十件が起こった。

 場所は岐阜県関市小瀬。地図で調べると、大半が田んぼで、森が少し、あとは郊外のホームセンターやら家電量販店やらがある。記事には、表示板を盗んだとある。上の部分だけか。一番上だけがなくなったバス停というのは、さぞマヌケな見栄えだろう。これを10回もやっていたというのだから地元は大迷惑だ。

 これがもしバスマニアの犯行なら、時刻表を盗らないということはありえない。警察も多分そのあたりから、金属を売る奴の犯行だとふんだのではないか。

 すげえバス変態の犯行か、と思って記事を読み進めたが、チンケなブリキドロということがわかった。ああしょーもな。

P.S.
 記事にはバス停の形状も書いてあった。

タイヤのホイールの土台に金属製の支柱が取り付けられ、支柱に時刻表などが備え付けられているバス停表示板

 土台がホイールなのか? 昔見た事があったが、まだあるのか。ホイールぐらいだと、台風の時とかに倒れてどっかいったりはしないか。

|

« ひとつぐぇの男 | トップページ | ツレがこみになりまして。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/55859232

この記事へのトラックバック一覧です: Mythバス停s:

« ひとつぐぇの男 | トップページ | ツレがこみになりまして。 »